アパレルメーカーでの海外バイヤーへの販売担当者

会社名:株式会社 麗
役職・お名前:取締役・平原様
設立年:1984年6月
業務内容:・婦人服の製造及び販売

・婦人服地の販売

会社ホームページ:http://www.rei-tokyo.co.jp

1. ご依頼前について

Q1.御社の事業内容についてお聞かせください。

株式会社麗は、東京日本橋にオフィスを構える婦人服アパレルメーカーです。そこには、企画・デザイン室に並んでサンプルを作るアトリエがあり、いろいろなアイデアを出しながら、他にはないユニークな商品を発信しています。

Q2.いつ、どんなきっかけで、ビザ申請手続が必要だと感じましたか?

最近は海外、特に香港・台湾・中国から日本製の婦人服を仕入れるために日本に訪れる海外バイヤーが増えています。そんなお客様へのサービス向上に向けて中国人スタッフを採用したくビザの申請をさせて頂きました。

Q3.当事務所を、いつどんなきっかけで知りましたか?

インターネット広告

Q4.当事務所の第一印象は?

インターネットを見てきめ細かいサービスを受けられそうだと思いました。

2. ご依頼時について

Q5.依頼するときに他の事務所も検討しましたか?

いいえ

Q6.他も検討したとしたらどんな点を比較しましたか?

サービス内容と費用。

Q7.最終的に当社にご依頼いただいた理由は?

説明を聞いて

3. ご依頼後について

Q8.当事務所にご依頼いただき、結果につきましては、いかがでしたか?

とても満足

Q9.当事務所の良かったところがあればお聞かせください

申請の結果, 値段, 申請までのスピード, サービスや作成書類の内容, 接客対応

Q10.その他のご感想・メッセージ、当事務所に今後期待するところ、ご要望などがあればお聞かせください。

電話で連絡をしてからビザ申請の許可が下りるまで非常にスムーズでした。始めのヒアリングでは質問が的確で分かり易かったです。必要な資料は弊社で用意させて頂き、その後はそれを元に申請書を作成して頂きました。申請書提出後は倉持様の予想通りすぐに許可が下りて、その読みの正確さに驚きました。また次回、外国人スタッフ採用の際は再度お願いしたいと思っております。

ーーー

(在留資格変更許可申請・海外からのバイヤーへの販売担当者1名、国籍:中国)

担当行政書士:倉持 彰

この度は、弊所サービスをご利用いただきまして誠にありがとうございました。

実店舗のございます業種ですと、入国管理局での審査が慎重になる傾向を感じておりますのと、今年に入って、審査が厳しくなってきている感触がございましたため、前もって通常より多少多めの資料をいただけるようご案内させていただきました案件でございます。

取締役の平原様にはお手数をおかけしましたが、十分なご説明と資料をいただき、最終的に安心して申請させていただきましたところ、入国管理局が混んでいるシーズンながらスムーズに許可を得ることができました。

会社をご訪問させていただいた際には、アットホームな雰囲気と、ものづくりの精神を大切にされていることが伝わり、また、申請人様は日本のファッションが好きで勉強をされてきた方でしたので、良いご就職をされたなぁと感じました。

御社のますますのご発展をお祈りいたします。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。