業務の流れ(お問い合わせから業務の完了まで)

お問い合わせから業務完了まで、8つのステップとなります。

まずは、メールやお電話にてご連絡いただければ、弊所が1ステップごとにご案内いたしますので、ご安心ください。

1. 無料お問い合わせ(無料診断&お見積)

まずは、メールまたはお電話でご連絡ください。

お客様のビザ申請についての概要を確認し、ビザの取得の可能性について簡単な診断と、料金のお見積をいたします。

より詳細な検討が必要とされる場合は、下記の資料をメールでお送りいただいております

【送りいただく情報・資料】

ケースによりますが、基本的には、下記の情報・資料をお送りいただきます。

<雇用する会社の情報>

・会社ホームページURL

・会社の「前年の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」

・会社の直近の決算書(損益計算書と貸借対照表)

・雇用契約書(給与額と職務内容が記載されているもの。)

<雇用される外国人の方の情報>

・履歴書(学歴・職歴記載のもの)

・パスポート(日本に在留している方は、在留カード)の写し

前年の給与所得の源泉徴収等の法定調書合計表

直近の決算書(損益計算書・貸借対照表)

雇用契約書

または予定給与額

在留カードの写し(表裏)

履歴書(Resume・CV)

2. 無料面談

必要な場合、無料でご面談をさせていただきます。(約30分〜1時間)

お電話・メールにて許可の可能性がある場合、必要性に応じて、無料ご面談させていただきます。

ご面談での内容を元に許可の可能性についての診断と料金のお見積をいたします。

*内容によっては、確認のため数日お時間をいただく場合がございます。

*ビザ申請等に関する法的な見地に基づくご相談・アドバイス、必要書類のご案内、申請書類のチェックなどについては、有料サービスとなります。(15,000円@60分)

*無料のご面談は、基本的には当事務所へご来所いただいております。出張でのご面談の場合は、出張費用1万円(東京都内のみのご対応とさせていただいております。)がかかります。

3. 規約へのご同意及び料金のご入金

許可の可能性があり、弊所サービスへご依頼をいただいた場合には、サービス利用規約にご同意をいただき、料金をお支払いいただきますようお願いしております。

ご入金確認後、速やかに業務に着手させていただきます。

4. 着手(必要書類のご案内と申請書の作成)

 

お客様にご用意いただく必要資料の一覧とお客様への質問票をお渡しいたします。

その後、お客様からいただいた書類を元に、弊所がお客様に最適な申請の道筋を検討し、

「申請書」及び必要に応じて、ビザ取得に重要な「理由書」 を作成いたします。

5. 申請書類の確認とご署名・押印

 

弊所が申請書類を作成し次第、お客様に内容をご確認いただきます。

内容に事実と異なる点がなく、問題がなければ、当事務所にご来所いただきまして、申請書類に署名及び押印していただきます。(初回ご依頼のお客様へは、弊所がお客様の事業所へ訪問します。)

*申請会社の押印と、ご担当者様(申請人が日本にいる場合は、申請人)のサインをしていただきます。

6. 入国管理局への申請代行

 

お客様に代わり、弊所(申請取次行政書士)が東京出入国在留管理局への申請を行います

*なお、申請する外国人の方が日本にいる場合、その方のパスポート及び在留カードを1週間程度お預かりする場合があります。

7. 入国管理局とのやり取り代行

 

状況により、入国管理局から追加資料の提出を求められる場合があります。

弊所は入国管理局からの連絡窓口になり、迅速に適切な対応をいたします。

8. 交付(業務の完了)

 

申請が、入国管理局から無事許可された場合には、弊所からお客様(会社様)に在留資格認定証明書(COE)をお渡しいたします。

会社から海外にいる外国人へ、COEをお送り下さい。

*申請が、在留資格変更申請・更新申請、就労資格証明書交付申請又は資格外活動許可申請の場合は、弊所からお客様に許可通知書をお渡しし、弊所業務は完了となります。お客様は、東京出入国在留管理局へ許可通知書等をご持参し、新しい在留カード又は就労資格証明書を受け取ってください。

9.入国

 

本人が外国にある日本公館にて在留資格認定証明書(COE)を提示してビザ交付申請をします。

 通常1週間程度でビザが発行された後、 本人が日本入国(COE交付から3か月以内)します。